産後太り解消 ホルモンバランス

ホルモンバランスを保って産後太りを解消

産後太りの原因の一つに、ホルモンバランスの乱れがあります。

ホルモンバランスは、生理中や妊娠中、出産、授乳などによって大きく変わります。
女性の体が変化することによって、ホルモンバランスも変化し、バランスを大きく乱すこともあるのです。

ホルモンの分泌量が変化したり、種類が変わることによって、ホルモンバランスが崩れるのですが、ホルモンバランスが崩れることによって、急激に太ってしまうことがあります。

出産は、女性にとって非常に体に負担がかかりますし、ホルモンにも影響を及ぼします。
それによって、体質が変わって太りやすくなってしまったり、妊娠中に増えてしまった体重が減りにくい状態、つまり痩せにくくなってしまうようです。
そしてもう一つ、ストレスも大きくホルモンバランスを乱します。

産後に、育児を手伝ってくれる協力者がいる方もいると思いますが、育児は、大きなストレスとなってのしかかってくることも大いにあります。

子育ての不安、寝不足などによる疲労、誰も手伝ってくれない孤独感など、産後はあらゆる悩みが尽きません。
特に、初めての出産・育児の場合、不安や悩みは尽きないものです。
それがストレスとなり、ホルモンのバランスを乱すのです。


つまり産後太りは、出産によってホルモンの分泌量や種類が変わることと、子育てのストレスなどが原因になって引き起こされるというわけです。

そのため、産後太りを解消したいのであれば、ストレスをためないようにすることが大切です。
自律神経のバランスを整えていくようにすると、ホルモンバランスを保ちやすいようです。


一人で子育てをしていると、気分がふさぎ込みがちになったり、ストレスがたまるなど、心身ともに疲れてしまいますので、時には、周りの方に甘えましょう。

子育ては、長期戦です。
ずっとフル回転だと疲れてしまいますので、適度に息抜きをし、心身の疲れを解消することによって、痩せやすい体にすることができます。
産後太りの原因の一つに、ホルモンバランスの乱れがあります。生理中や妊娠中・出産中・授乳などによりホルモンバランスは崩れ、急激に太ってしまうことがあります。また子育てのストレスが原因でホルモンバランスを乱すこともあります。詳しくご紹介いたします。