産後太り解消 骨盤

産後太りの原因NO.1 骨盤のゆがみ・開きについて

産後太りの原因で、最も多いのが「骨盤のゆがみ・開き」です。

出産する時てくるわに、赤ちゃんがでてくるために、女性お骨盤は大きく開きます。
人が一人出けですから、相当な幅に骨盤は開かれます。
その際に開いた骨盤は、出産後もなかなか元には戻らないのですが、それを知らずに、開いた骨盤をそのままにしてしまい、産後太りを改善できないという事態になるのです。

ではなぜ、骨盤が開いたままでいると、太ってしまうのでしょうか?


骨盤が開くと、開いた骨盤の上に脂肪がのりやすくなり、また、のった脂肪はそのまま蓄積されてしまいます。

また、骨盤が開くと、「内臓下垂」も引き起こしてしまいます。
内臓が下にさがってしまうことによって、内臓の機能が低下し、胃腸の調子が悪くなって、便秘を引き起こしてしまいます。
便秘は、肥満の原因の一つにもなっていますので、産後太りの一因にもなり得るのです。

また、内臓の働きが低下することによって、食べ物をうまく消化できずに、脂肪として蓄積されたり、新陳代謝が低下するなどによって、太ってしまったり、痩せにくくなるのです。


出産後の女性の骨盤は、そのままにしておくと、開いたままになってしまったり、左右の骨盤のバランスが悪く、歪んでいます。
それが原因で、産後太りが解消できないことが多いのです。

つまり、骨盤を妊娠前の状態に戻したり、歪みを矯正することによって、効果的に痩せることができるというわけです。

食べることを我慢したり、辛い運動を続ける前に、まずは、骨盤の歪み・開きを正しましょう。
産後太りの原因で最も多い「骨盤のゆがみ・開き」は出産後もなかなか元に戻らず、そのままにしておくと産後太りが改善できない事態になります。詳しくご紹介いたします。